42歳独身男性自営業の愛人募集日記

私は性の不一致が原因で妻と離婚し、独身生活を送っていました。
現在も独身ですが、インターネットの出会い系サイトで知りあった27歳の女性と愛人契約を結び、彼女と愛人関係を築いて週に2度定期的に彼女が住むマンションでセックスをしています。
愛人の彼女とは妻と婚姻関係を結んでいた時には想像も出来なかった素晴らしいバリエーション豊かなセックスを毎週行っています。

27歳で総合病院で医療事務の仕事を行っている愛人の彼女は、箱入り娘として育てられた反動で彼女が大学生の時からずっと男性とセックスをする際には変態的なセックスでないとイケない身体になってしまったとのことで、私は彼女の自宅マンションでセックスをする時には普通のセックスはした事がありません。

愛人の彼女とは1年前にインターネットの出会い系サイトであるPCMAXを介して知り合いました。
PCMAXのサイト内に「愛人募集」と書き込みをして愛人を募集していたところ、当時26歳だった彼女が「愛人希望」というメールを返信してきてそれがきっかけになり私達は出会ったのです。
私達はそのメールのやり取りを行った5日後にターミナル駅の駅入り口で待ち合わせをして、実際に出会う事が出来ました。
綺麗な白い肌に黒髪のストレートヘア、そしてどこか朴訥で素朴な雰囲気のある可愛い顔立ちをした当時26歳だった彼女はとても私に「愛人希望」というメールを返信した女性には見えませんでしたが、駅の近くのコーヒーショップで彼女と私が会話をしている時から既に彼女の瞳は潤んでおり、私の身体を求めているのが見てとれました。

私達はコーヒーショップの店内で他愛も無い世間話を少しした後に、愛人契約の詳しい内容について話し合いをし、お互いに条件面での折り合いがついたのでその日の内に私達はラブホテルに行きセックスを行いました。
ラブホテルの中で彼女は先程まで見せていた素朴な雰囲気とは全く違った妖しい雰囲気を醸し出し始め、私の身体の隅々までを舐めてくれて、最後は彼女自身が希望したアナルファックをコンドームを着けずに行い、私は自分でも驚くほどの大量の精子を彼女の肛門内に射精したのでした。